≪ 前の記事へ | 次の記事へ ≫

「しゅわまる」の見学会に出席しました。

2021年2 月28日 (日)

 

昨日は、#神奈川県#神奈川県聴覚障害者連盟 に委託した支援事業 であり、#聴覚障害 のある乳幼児がその保護者や家族とともに手話を獲得できる機会を作ることが目的に開催されている #しゅわまる の見学会に #zoom にて出席しました(コロナ禍のためオンライン開催)。
 
私が #神奈川県議会 で加入しており、#手話言語 を普及させ、#共生社会 の実現を目指すことを目的として設立された #神奈川県手話言語普及議員連盟 の活動の一環で開催されました。
 
前半は絵本や動物のイラストにマスクをつけるなど、実際に子どもたち向けの催し、後半はろう学校の先生による家庭でのコミニケーションの重要性の講演、質疑応答、意見交換などがありました。
 
その講演の中で、印象的だったのは聴覚に障害のある子どもの物事の概念を理解させることの困難さと重要性についてでした。
トランプで遊んでいても、ジャックやクイーンが11や12を表していることがわからないというケースが紹介されました。これは11だよとコミニケーションをしっかり取ること、指差しでこれが欲しいと子どもが意思表示しても、「〇〇が欲しいの」とコミニケーションを取ることなどが重要との説明は、聴覚に障害がある子どもたちの情報獲得の困難さがよくわかる事例でした。
 
誰一人取り残さないという #地域共生社会 の実現に取り組んでいきたいという気持ちを強くさせる見学会でした。
 
210228 1
 

 活動報告

≪ 前の記事へ | 次の記事へ ≫