≪ 前の記事へ | 次の記事へ ≫

神奈川県議会建設企業常任委員会において質疑をいたしました。

2021年3 月 7日 (日)

 

3月4日に開催された #神奈川県議会 #建設企業常任委員会 において、質疑をいたしました。
 
特に力を入れていたのは、半年以上前から私の所属する #立憲民主党民権クラブ 県議団の団長であり横浜市 #泉区 選出の #松本清 議員、川崎市 #宮前区 選出の #やなせ吉助 議員とともに取り組んできた 「#県営住宅 退去者が実施する #畳修繕工事負担方法 の見直しについて」でした。
 
現在、神奈川県の県営住宅は入居のしおりなどで退去時に入居者が #畳表替え を実施することになっています。
しかしながら、退去時に畳表替えを実施しても次の入居者が決まるまで間が空いてしまうと畳にカビが発生するケースもあり再度、県負担で畳表替えをするといった事例が行われていました。昨年度で約4,000万円になっていました。
この点について、例えば退去時に畳表替え相当の費用を退去者の方から指定管理者がお預かりし次の入居者が決まった時に畳表替えを行うという方法が合理的である旨提言し、「他府県の事例を調査し、検討したい」旨の答弁を得ました。
もちろん、システム改修、告知方法などいくつか調整しなければならない事項がありますが、勉強会(答弁調整)を通じて、一定のご理解はいただいているものと考えております。
引き続き注視して参りたいと思います。
 
その他の質疑項目は次の通りです。
#流域治水 の推進について
#土砂災害対策 について
#村岡深沢地区 の一体的なまちづくりについて
 
明日も建設企業常任委員会において、#企業庁 (水道)所管について質疑を行います。
 
210307  4

 議会報告

≪ 前の記事へ | 次の記事へ ≫